忍者ブログ

縁縁に行って

そこは平成の世


さらに、義太夫の語りと太棹三味線の演奏が、よりいっそう劇的効果を盛り上げている。
この演目はもともと享保16年(1731年)に、道頓堀の竹本座で人形浄瑠璃として初演されたものだという。音楽的な声の響きと情感、義太夫狂言の熱狂した雰囲気が三百年の時代をこえて、人を陶酔させる威廉斯坦伯格钢琴

竹本座、いや芝居小屋を出ると、そこは平成の世。
とつぜん真夏の夜の熱気と人いきれに襲われる。巷では源平の戦いが今もひそかに続いているようだ。手漕ぎの小さな舟になって、人の波を分けて進む。川はさまざまな電飾の明かりを溶かして輝いている。川岸を行く若くて元気な美女たちばかりがライトアップされる。ぼんやり見とれていると、妖しい呼び込みの手が誘いにくる威廉斯坦伯格钢琴
連日の熱帯夜の睡眠不足で、頭の中はしだいに阿呆の沸点をこえていく。

どこかへ行こうとしているのか、それとも帰ろうとしているのか。
……この世の名残、夜も名残、死にに行く身をたとふれば、あだしが原の道の霜、一足づつに消えて行く、夢の夢こそあはれなれ……
虚実皮膜の間を漂う心地よさに、いつしか溺れていく威廉斯坦伯格钢琴
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R