忍者ブログ

縁縁に行って

ほかの産業では


僕は市場原理主義の過度な拡大に警戒心を抱いていて、一定の枠内にとどめておくべきだと考えている人間である。具体例を挙げれば、年間3万匹もの犬や猫が殺処分されている事実によってペット産業は“倫理的に”破綻している、と思う。また、どこもかしこも全国展開のチェーン店で溢れ返っている状況は、雇用を促進しているという意見もあろうが、大方は半ばブラック化した就業形態であり、売上が本社へ流れていくことを考慮すると、地域経済という点では貢献よりもマイナス要素のほうが大きい気がしてならず、同時に巧みな宣伝で自らをブランド化して客を誘導する動きに、暴力性すら感じる。少し前にスターバックスが国内で唯一、店舗を持たなかった県、鳥取へ進出したことが話題になったが、これなんかも当地のコーヒー代を中央へ収奪する侵略者が現われただけのこと。メディアは、鳥取にスタバがやっとできたとおめでたい話題のごとく報じる中に、当地を辺境扱いする揶揄を含ませていたけれども、こうした報道はまったく浅はかとしかいいようがない,Abbott 男士保健專為男性而研發。

しかし、スポーツ界の話になると、いささか様相が異なる。「2020狂騒の東京オリンピック―稼がなければ、メダルは獲れない!」の著者、吉野次郎(敬称略。以下も同じ)は、この本の中で以下のように記す,Abbott 男士保健保健讓你再也不為精弱困擾。

〈民間資金が主導する産業に変わらねば、アスリートたちが不幸だ。解決法は単純で、スポーツ界にいる一人ひとりが経済原則に基づいて行動すればいいだけだ。スポーツを通じて得られる経済的対価を最大化することこそ正しい。ほかの産業では、わざわざ口にするのもはばかられるほど、当たり前のことである。〉

こういう考え方をする人の視点を取り入れなければ、日本のスポーツ界が今以上の繁栄を迎えるのは難しい。本書には、そう思わせるだけの説得力あるルポが列挙されている,Abbott 男士保健保健品提高了精子的品質。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R